相続・事業承継のご相談なら、愛知県大府市の坂口美穂公認会計士事務所・資産税務コンサルティングにお任せください。

〒474-0052 愛知県大府市長草町中屋敷23-6

営業時間

9:30~18:00
(土日祝を除く)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

0562-47-6697

国際タックスマネジメント

我が国の法定実効税率は米国に次いで国際的にも高い水準にあり、また相続税負担率も主要国の中において非常に高い負担率となっています。そして、下図のとおり日本より法定実効税率が高い米国企業の実際実効税負担率は日本より格段に低くなっており、これは日米両国企業のタックスマネジメントの質の差であると考えられます。

 

 

※A.実際実効税率

(実際に企業が負担した実効税率)

B.法定実効税率
(Aの調査対象期間)
A-B
日本38.8%39.5%▲0.7%
米国27.7%39.1%▲11.4%

※A:プライスウォーターハウスクーパース調べ(2006年~2009年平均値)

 

つまり、日本の多くの企業は、税負担を不可避なものとして捉えており、タックスマネジメントの重要性をあまり認識いないため、このような欧米企業との実効税率に差が生じていると考えられるのです。現代のようなグローバル化の進展と国内の大増税時代において、税務リスクを最小化しつつ税務コストを削減するタックスマネジメントは、大企業に限らずオーナー企業の法人税・相続税・贈与税にとっても、必要不可欠な戦略上の要素となります。

さらに近年、わが国の企業はもちろん個人の方の海外取引を含めた資産増大活動ないし資産防衛活動は、量的な拡大はもちろん、質的にもますます複雑なってきています。これに伴い税務上の取り扱いを巡るトラブルが生じ、不服申立や訴訟に発展する場合も少なくありません。

特に海外取引は、取引関係が複雑な上、各国の法制度等が関係することから、課税上の取り扱いを検討する場合には、取引の実体をよく把握し、関係する法令の趣旨、目的に立ち返って検討する必要があります。

例えば、法人が海外に進出するに当たっては、進出段階(駐在員事務所・支店・子会社(設立・取得)・合弁会社)事業活動段階(子会社との取引・子会社の利益計上・子会社の損失計上)利益還流段階(配当による還流・利息による還流・その他の方法による還流)事業再編段階(組織再編・事業再生・中間持株会社の設立)事業撤退段(子会社の清算・子会社の売却)、という各段階ごとの現地および日本の課税関係を事前に分析しておくことが必要です。この分析は、日本における課税関係だけではなく、進出先国の税法に基づく検討になりますが、いずれも租税条約の影響を受けます。さらに、日本と進出先国による課税により、二重課税が生じた場合には、二重課税を排除するための措置を検討する必要があります。しかし、進出先国の税法は当然ながら国によって異なりますので、検討事項は様々であり、最終的には現地専門家への確認が必須となります。

 

また、個人の海外移住に関しても、例えば海外でのロングステイにおける生活費の一部に日本の厚生年金を充てようとする場合、この厚生年金の支払額から12万円を控除した額に20%の税率で課税されることになります。課税は源泉徴収によって行われ、それで完了します。

しかし、日本が世界の各国と結んでいる所得に関する租税条約の中に、こういった公的年金について所得源泉地国(日本から受ける年金)における課税を免税としている条約があり、あなたが移住する国がその条約締結国であるならば、あなたが受け取る年金は日本では非課税となります。

この場合における、この租税条約上の非課税の適用を受けるには、以下の租税条約の届出書を支払者(源泉徴収義務者)を通じて税務当局に提出しなければなりません。

 租税条約に関する届出書

仮に、この租税条約による税の免除ないし軽減に関する手続を忘れて、源泉徴収をされてしまった場合には、租税条約の届出書とともに、以下の租税条約に基づく還付申請書を提出することにより、過去5年以内の部分については税金を取り戻すことができます。

 租税条約に関する源泉徴収税額の還付請求書

これら公的年金以外にも、保険年金、株式配当金や受取利子等について、日本と各国との租税条約の中で免税あるいは課税の軽減がなされているケースがありますので、それぞれの取引が生じた都度、必ず租税条約の適用の有無を検討する必要があります。

現在、日本が租税条約を結んでいる国は、こちらの国々です。

このように、移住先国の税法は当然ながら国によって異なりますし、日本と各国との租税条約の内容もその移住先国の事情によって様々であり、検討事項は多方面にわたるため、最終的には現地専門家への確認が必須となります。 

「外国人に対する税務」についての詳しい内容はこちらをクリック

そこで当事務所では、 事業資産や個人資産の海外展開をお考えの企業および個人の方に対し、その進出または移住前の段階で、海外そして日本における課税上のリスクを診断します。

そして、日本および進出・移住先の法人税率・所得税率・贈与税率・相続税率を鑑みながら、その国際税務リスクを軽減させる最適なタックスマネジメントについてのアドバイスとともに海外進出・投資事業計画、すなわち海外展開に絡むマネープランやビジネスプランの策定支援を行います。

お問い合わせはこちら

当資産税務コンサルティングは、公認会計士・税理士 坂口美穂事務所が運営しております。

相続税、贈与税、譲渡所得税等の資産税対策、そして事業承継対策や海外展開について、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。 

お気軽にお問い合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

 資産税務コンサルティング

代表者 坂口 美穂

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 登録政治資金監査人
  • 経営革新等支援機関

0562-47-6697

詳細はこちら

相続税申告要否の自動判定

相続財産の金額などを入力することにより、相続税の申告のおおよその要否を判定できます。

無料相談実施中

無料相談日
 
午前

×

×

×

××××
午後

×

××××

令和2年 7月13日~ 7月19日

営業時間

9:30~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・お申込み

0562-47-6697

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら

お問合せはこちら

 お電話でのお問合せは

0562-47-6697

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら

著書・執筆記事

最新の執筆記事

 〈名古屋税理士会 会報〉
・【論壇】 我が国の災害税制の在り方について(2017年1月号)
・【論壇】事業承継「待ったなし」(2018年1月号)

過去の執筆記事
  • 「近代中小企業」2009年5月号(【特集企画】銀行に頼らない経営)

  • 「近代中小企業」2011年10月号(【特集企画】中小企業のためのガバナンス!)

  •  「近代中小企業」2013年1月号(【特集企画】消費税10%突入に備える、転換期の経営防衛術)

  • 「近代中小企業」2014年2月号(【特集企画】 社長の終活)

  • 「近代中小企業」2015年12月号(【特集企画】直前緊急対策!マイナンバー制度)

バックナンバーのある号がございます。ご興味のある方はお問合せください。

事務所概要

坂口美穂公認会計士事務所
資産税務コンサルティング

0562-47-6697

〒474-0052
愛知県大府市長草町中屋敷23-6
JR共和駅より徒歩20分

事務所概要はこちら